ベトナム写真・レストラン食べ歩きブログ | ホーチミン旅行グルメ・ショッピング情報

ホーチミンのレストランおすすめ情報を中心に、 ベトナムの写真や食べ歩き情報やショッピング情報なんかをアップします。

古都ホイアンを訪ねて。 Hoi An Trip

ダナンからホイアンに移動しました。と言ってもタクシーで40分、金額にして50万ドン(3000円)程度です。ダナンの旧市街は400年前に日本人街があったところで世界遺産に指定されています。

 ホテルはGreen Heaven Hoi An Resortにしました。旧市街まですぐのところ。エレベーターがないのがなんですが三階建てだしまあ。プールもあるし部屋も広くて安い(ジュニアスイートで1万円ぐらい)。ルームサービスも美味しかった。ホテルの前の服屋も同系列のようでスーツやジャケットやドレスのオーダーができます。タイシルクでジャケット作って85USDでした。所要一日。

IMG_1694
Green Heaven Hoi An Resort 中庭にプールがある

旧市街は世界遺産っぽいひなびた佇まいで、昼はのんびりした感じです。街中はひたすらお土産物屋とカフェとオーダーメイドの服屋が並んでいます。服のオーダーは安いのでやってみるといいですよ。どこもオーダーから24時間あれば完成するようです。
まあ、昼は暑いのでプールのあるホテルに泊まってゴロゴロしているのがいいですね。

IMG_0896
日本人が作ったという橋 2万ドン札の絵

IMG_0912
ひなびた感じの旧市街

IMG_0902
なんかのどか

夜になると人がいっぱい出てきます。昼は暑いのでみんな寝てたんでしょうか。ものすごい数の観光客で賑わいます。

IMG_0930
旧市街夜は賑やか

IMG_0936
観光客でいっぱい

IMG_0926
お店の飾り付けも幻想的

IMG_0934
いっぱい食べて一人1000円ぐらいだった

 ホイアンは観光客が多い割には物価も安いし、のんびりしているし、食べ物も美味しいし、ホテルも安いのでいいところですよ。満月の夜は街中に提灯が飾り付けられていっそう幻想的だそうです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へにほんブログ村

ダナンに行くんだなん! Da Nang

ダナンに行ってきました!

エクスペディアが選ぶ2014年注目度ナンバーワンのビーチリゾートだそうです
ハノイやホーチミンから飛行機で一時間ぐらい。成田からの直行便も出ています。

IMG_1661
A la carte beachの屋上プールから

宿泊はA la carte beachにしました。このホテルは高層の屋上に小さいけどプールがあり、部屋も綺麗で新しくて爽やかな感じで気持ちがいいです。ビーチに面していない(道路の向かい側)んだけどね。まあ道路横断すればいいし。値段も一部屋一万円ちょっとぐらいでした。

IMG_0884
ダナンのビーチ。ベトナムによくある丸い小舟。なお夕方は泳ぐ人で混雑

ダナンの街は人口80万なので結構大きな街です。街は歩いて回るようなところはあまりありません。最近できたドラゴン橋とか川沿いぐらい。街が大きいので移動はタクシーかレンタルバイクですね。街中には大きな市場やBig-Cという巨大スーパーがあります。

IMG_0859
ドラゴン橋 夜九時に口から火を吹くらしい

IMG_1690
4Uレストランでシーフード。カニは写真を撮る前に食べちゃった

食事ですがやっぱり海だからシーフードですよね。ネットで評価が高いのが4U(A la carteの向かいあたりの海沿いにある)だったので行ってみました。カニとかシャコとか魚とか頼んでみましたがどれも美味しかったです。ホーチミンの高いシーフードより断然いい。まあここもそんなには安くないけど(二人で100万どんぐらい)。カニと春雨をポットに入れて炒めたやつがとてもおすすめです。

IMG_1681
A la carteホテルの前で液体窒素でアイスクリームを作って売ってた

ダナンはまだ開発中な割に大都市なのでファンティエットほどリゾートっぽくもないしニャチャンほど観光地ぽくもないですがカジノなんかもあるしアクティブに過ごすにはいいかもしれません。あとホイアンまで車で30分ですから夜はホイアンに行くのもいいですね(というかビーチにこだわらなければホイアンに泊まるほうが安いです)

ホーチミンからメコン川を遡りカンボジアへ「Chau Doc-Phnom Penh speed boat」

こんにちは。

ベトナムメコンデルタの最奥部Chau DocからカンボジアPhnom Penhまでメコン川を船で行ってきました。

Chau DocまではHo Chi MinhからだとMien Tayバスステーションから5〜6時間ぐらい。 Can ThoやLong Xuyenを経由して行くこともできます。川沿いの小さな町ですが大きな市場があり鄙びていいところです。

46
Chau Docの市場

49
サトウキビジュース 5000VND

13
広告付きのプロパガンダポスター

Chau Docに着いたらチケットの手配をします。僕はホテルのフロントで予約してもらいました。 
ボートの会社はHang Chau Touristです(場所は市場の裏の船着場)
http://hangchautourist.vn/?p=34&lang=en

Phnom Penhまでの料金は、ボートが一人USD25。カンボジアVISAが34ドルでした。VISAは本当は30ドルのはずですがまあいいや。

ボートは朝7:30の出発です。朝の便しかありません。早起きしましょう。ちなみに逆方向(Phnom Penh→Chau Doc)は午後の便です。要するに一日一往復なわけですね。

55
早朝の船着場

51
これに乗ってカンボジアへ

船は白人ばっかりで日本人はいませんでした。一時間ぐらいボートに乗ると国境のSon Tienに着きます。船の中でパスポートを渡し、国境の待合室で待つこと一時間弱。またボートに乗ります。出国時になにもチェック受けてないけどまあいいや。

27
Son Tienのボーダー。メコン川は広い

58
カンボジア側のボーダー

またちょっとボートに乗って、今度はカンボジア側のボーダーです。今回は船を降りてVISAを押してもらい、イミグレでハンコをもらいます。ここも一時間ぐらいかかりました。この日は混んでたみたいです。

カンボジアのイミグレが終わったらボードは一路Phnom Penhへ。

26
ネアックルンの橋をくぐる

40
Phnom Penhの船着場(市内北部)

この日は混んでいたのでボートが2艘だったためイミグレで時間がかかり、朝8時発でプノンペンについたのは2時でした。普段は5時間ぐらいみたいです。

 船で行くのも情緒があっていいものです。Phnom PenhからバスでHo Chi Minhに戻ることもできますが、ベトナムは出国後30日以内の入国はVISAが必要なので注意。旅行会社ですぐ取れます。

ベトナムに30日以内に2回入国する場合はVISA必要!

2015年の1月より、ベトナムのVISA規則が改定されました。

日本人の場合、15日以内に空路出国チケットを持っていればVISA無しで入国できましたが、そこに「30日以内に2回入国する場合はVISAが必要」となりました。

 よくあるパターンとして、「ベトナム→カンボジア→ベトナム」という旅程がありますが、この場合も2回目のベトナム入国時にVISA必要となります(一回目のベトナムで空港から出ないで入国しないなら問題なし)。

もしベトナムからカンボジアに行って戻る場合は、カンボジアでVISAを取得しましょう。プノンペンのベトナム大使館だと1ヶ月シングルVISAが翌日発給のようです。ただ営業時間とかめんどくさいのでプノンペン市内の旅行会社に頼んでみましょう。僕の場合12月31日の夕方に出して翌日は1月1日で休みだったにも関わらずVISAがとれました。なぜか不思議なことにシアヌークビルの領事館発行でしたがまあVISAはVISAです。ちなみに旅行会社では68ドルした。 

写真 2015-01-07 23 47 27

 

ホーチミンからプノンペンへバスで行く2014年版

またホーチミンからカンボジアのプノンペンまでバスで行ってきました。

ファングーラオのTNKトラベルさんでチケット購入。ここは日本語で通じて便利です。料金は14ドル。
ここで扱っているバスの会社は2社あり、朝からだいたい一時間に一本ぐらいはバスがあります。前日にチケットを購入しました。
41


当日、TNKトラベルに行き、車でピックアップされます。3分ぐらいでバス停に到着。
39

SAPACOという会社のバスです。

乗るとパスポートを回収されます。カンボジアVISAがない場合はあと25ドル(2014年8月時点)払います。本当はカンボジアVISAは写真がいるのですが大丈夫です。

国境のモクバイまでは3時間ぐらい。一度バスを降りてベトナムを出国手続きをします。

ベトナム側パスポートのはんこはまとめて押されますので名前を呼ばれるまで待っていましょう。
判子が押されたらゲートの向こうに行きまたバスに乗ります。バスが複数いることもあるのでどのバスだったかちゃんと覚えておきましょう。

カンボジア側のボーダーでまたバスを降り、カンボジアに入国手続きをし、またバスに乗ります。

40
ベトナム側ボーダー

18
カンボジア側ボーダー

カンボジアの入国手続が終わったらまたバスに乗ります。
たぶんすぐ食事休憩時間になります。

24

食事はなんか食べて飲み物頼んで4ドルぐらい。

休憩時間の後はバスで3時間ぐらいでプノンペンです。
ホーチミンを出てからトータルで7時間ぐらいですね。

22

このバス会社はプノンペンのシアヌーク通りにオフィスがあり、その前に着きました。
(上の写真の真ん中編の青い建物)

ちなみに帰りのバスチケットもここで買いました。帰りはなぜか10ドル。

前回行った時の記事はこちら
 

ファンティエット(ムイネー)のPandanus Resortに泊まってきました

最近発展著しいリゾート地のファンティエット(Phan Thiet)のムイネー(Muine)にある、 Pandanus Resortホテルに泊まってきました。

写真 2014-05-07 11 41 48
(わりと大型のリゾートホテルです)

場所ですが、ファンティエットエリアでもかなり奥のほう、ムイネー村のある半島の向こう側です。
ちょっと遠いですね。

ホテルは敷地が広めできれいでプールが大きいです。あとは特に普通です。敷地が広すぎる気もします。
客層はドイツ人がメインであとロシア人?。要するに安めでそこそこ充実なんでしょうね。

写真 2014-05-07 11 45 50
プールは大きい。ビーチにも出れる。

のんびりしたところですが、賑やかエリアから遠いので行くとこ無いですね。
人気レストランのCay Bangに行こうとしたらタクシーで片道25万ドンかかっちゃいました。
なので、短期滞在であれば賑やかエリアのほうをおすすめします。僕が前に泊まったのはBlue Oceanとかあのへん。

ホテルの朝食はけっこう美味しかったです。
写真 2014-05-07 11 18 34

ホテルを出たところのローカル食堂はまあまあ美味しいかったですよ。マンゴーシェーキとか。
周りはなんにもないですが、一応近所に雑貨屋もあります。

ちなみにファンティエットですが、僕が昔行った時はホーチミンから車で3時間でしたが、渋滞が結構あるので今回は行きが5時間、帰りは6時間半かかりました。これだけかかると飛行機で他に行くか・・という気になってきます。

昔はひなびたリゾート地だったんですけどねー、今はなんか発展して凄いですね。

 

ホーチミン・ファングーラオ通りのPHO屋さん Phở Quỳnh

ファングーラオ周辺でPHOが食べたくなり、ネットでみて評判のお店に行ってきました。
Phở Quỳnh 323 Pham Ngu Lao, District 1 です。

DSCF1317
ファングーラオ通りをずーっと西に行ったところ。デタム通りから数百メートル。

DSCF1320
写真はPHO BO(牛肉)です。

ちょっとコクがあっておいしいです。ちょっと高いですがまあ日本円で考えると数百円だし。

両替はどこでしよう?ベンタン市場周辺の場合

こんにちは。

海外旅行で悩むのが両替です。僕は両替マニアなので両替所を見るとレートチェックは欠かしません。

ベトナムの場合、USドルからの両替はあんまり変わりませんが、日本円からの両替は場所によってレートが違うことが多いです。

以前に、ドンコイ地区の場合と、ファングーラオ地区の両替の記事を書きましたが、観光客のよく行くベンタン市場周辺だとここがいいと思います。
写真 2014-03-22 20 22 45
写真の「MAI VAN」という両替屋、ベンタン市場の西側にあります。夜間は営業していません。
レートはファングーラオ地区よりちょっと良かったです。

注意点として、この店は店内に入って両替でなく路上になるため、周りからも見えますし人が近くを通ります。ひったくりやスリに注意しましょう。
 

花咲く高原リゾート:ダラット Đà Lạt のフラワーパークとホーチミンまでのバス

ダラットの記事最後です。

市内の真ん中にある湖の近くにフラワーパークがあります。
市街地からはタクシーで5分ぐらい。

行った時はちょうどフラワーフェスティバルをやってました。
 
写真 2014-01-01 14 15 43
ホー主席がいい感じ

 空気が澄んでいて高原なので日差しが強く、そのためなんでも鮮やかでした。

写真 2014-01-01 14 15 22
フラワーパーク内の噴水


今回の旅行で、ホーチミン→ダラットは飛行機を利用しましたが、帰りは
バスにしました。飛行機の時間が早朝と夜しかないので。

写真 2014-01-03 16 37 49
途中での昼食時

バス会社は今はフンチャン(PHƯƠNG TRANG )一社しかないようです。
ホーチミンまで8時間かかります。40万ドンでした。
ホーチミンではファングーラオのデタム通り前に着きます。ホーチミンから
乗る場合はファングーラオからですね。

バスはフラットになる二階建てシートなので快適といえば快適です。
でも8時間は長いですね。
 
ダラットはいいところですが、交通の便があんまり良くないので、いっそのこと
ホーチミン→(飛行機)ダラット→(バスorタクシー)ニャチャン→(飛行機)ホーチミン
というリゾート巡りのルートを組んだほうがいいかもしれません。 

常春の高原リゾート地:ダラット Đà Lạt で遊ぶ!.

前回に続いてダラットです。

ダラットの街からタクシーで10分~15分ぐらいのところに滝があります。
タクシーで片道20万ドンぐらい。

最初にダタンラの滝

駐車場から手動ジェットコースター的なものに乗って降ります。料金は往復で数百円。
写真 2014-01-01 15 11 02
ちなみにこれは帰りの上りの時。下りは怖くて撮影できない。

面白いからぜひどうぞ。ちょっと怖いですけど。

下に降りると滝があります。ちゃんとした滝です。
そんなには大きくないけどすぐ近くまでいけます。
写真 2014-01-01 14 58 59


ダタンラの滝を満喫したら、次はプレン滝へ行きましょう。タクシーでもうちょっと先。

写真 2014-01-02 14 32 14
滝の下をくぐることが出来ます。

この近くで象も乗れます。二人で10分30万ドンでした。
写真 2014-01-02 14 48 45


次回は、ダラット市内の公園と、ホーチミンまでのバスです。


 
新着記事へ(このBLOGのTOPへ)
最新記事(画像付)
@vietnam_photo
このブログについて
TOP、記事ともリンクフリーですが、写真への直リンクはご遠慮ください。
相互リンクなどのお誘いはtwitterアカウント@vietnam_photoにお願いします。


よかったらフォローお願いします!相互フォロー歓迎!
  • ライブドアブログ